美濃焼の器とテーブル雑貨・猫雑貨|蔵ショップ 陶器と雑貨

〜お気に入りのうつわを
   少しでも長く気持ちよく
                       使って頂くために〜



食器を大きく分類すると、
「磁器」と「陶器」に分けられます。

実店舗でも、
まずお客様に、どちらをお好みがお聞きしてから
商品をおすすめしています。

メーカーでは様々な土を使用する為、
一見区別がつかないものや、
磁器を陶器っぽく作っているものもありますが、
ざっくりと説明すると・・・


 

【磁器】
 

磁気

『陶石』と呼ばれる石の粉に粘土を混ぜたものが原料。

薄手で表面がツルツルしていてツヤがあり、美しい。

吸水性がなく、
比較的丈夫で扱いやすく普段使いに適している。

電子レンジ・食洗機の使用可。


 

【陶器】

陶器

主に自然界で取れる粘土が原料。

特に土物(※)は、
厚手でひとつひとつに素朴さや味があり、
手造りの醍醐味を感じる。

(貫入だけでなく、
色むらやピンホール・鉄粉なども器の個性としてとらえています)

吸水性があり、
磁器に比べると衝撃に弱いが、
使う度に変化していく過程も楽しめる。

(※蔵ショップでは特に、
土目が粗くて貫入が入った器を『土物』と紹介しています)



 

それぞれ特徴がある為、
取扱いにも注意が必要ですが、
難しく考えずに楽しんでいきましょうね。



 

 

●ご使用前にしていただきたい事

目止め
 

・器の底を、
 指でなぞってみてください。
 発送前に確認致しますが、
 もしざらつきが残っていましたら、
 テーブルをキズつけてしまうので、
 サンドペーパーや砥石で、
 こすってください。

 

・磁器は中性洗剤で洗って頂き、
 そのままお使いください。

 

・陶器 特に吸水性がある器(粉引・貫入)は、
 ご使用前に目止めをした方が汚れがつきにくくなります。
 又、ご使用時に水にくぐらせて、
 あらかじめ水を含ませることで、
 汚れが染み込みにくくなります。






●目止めの手順について
(粉引・貫入・素焼きの器は特におすすめします)

 


 

1)うつわが全て隠れる大きさのお鍋に、
うつわがかぶるくらいの米のとぎ汁を入れます。

 

2)火にかけ、沸騰したら弱火で20分〜30分煮沸します。
 

3)火を止め、そのままの状態で冷まします
冷めたら器を取り出しきれいに洗います。

 

4)水気を拭き取り、
しっかりと乾燥させます。
※水分を含ませただけで、
陶器の表面にシミのように見えるものが
現れる場合が
ありますが、
しっかりと乾かしていただくと、消えます。






●陶器(土物)のご使用上の注意

陶器
 

陶器磁器同様に、
 電子レンジ・食洗機をお使いいただけますが、
 器同士がぶつかりあわないように気をつけてください。

 

土物は電子レンジ・食洗機の使用を
 オススメできません
 が、あたため程度のなら問題ないと思います。
 ただし電子レンジのご使用を繰り返すことで
 ヒビの原因になる場合もあります。
金彩・銀彩の器は電子
レンジ使用不可
 

・長時間、色やにおいの強いものを、
 入れたままにしないでください。

 

・ご使用後はすぐに洗い、
 しっかり乾燥させてください。
 乾燥不足は、
 カビ・変色・においの原因になります。

 

・急冷・急加熱をさけてください。
 器が割れることばあります。 

 

・洗剤を直接かけると染み込んでしまい、
 温かいものを入れた時に、
 洗剤のにおいがする場合があります。






 

 

●貫入について
 



『貫入(かんにゅう)』とは、
うつわの表面に施された
ヒビのような模様のことです。

器が焼かれた後の冷えていく過程で、
土と釉薬の収縮度の違いによっておこる現象です。

使用前から見える場合と、
使っているうちに現れてくる場合とあります。

使っているうちに、
茶渋や珈琲が、
貫入に染み込んで変化していくのも
「味」としてとらえ、
変化を楽しんでくださいね。





 

●もし、着色やにおいがついてしまったら・・・

 

・汚れた部分に塩または重曹をふりかけ、
 湿らせたスポンジでこする。

 

・においをとる場合は、
 重曹またはキッチン用漂白剤
 溶かした水に浸す。

 

・鍋にお酢大さじ2〜3杯または、
 茶殻ひとつまみ入れた水に器を浸し、
 火にかけて煮ると消臭効果があります。
(熱湯に器を入れると割れる危険があります。
 必ず水から煮てください。)





 

 

●最後に・・・〜ずぼらな私編〜

 

陶器(土物)の扱いには色々と注意点があり、
めんどくさいなぁ〜と思ってしまいますよね。

ここまで説明しておいて何ですが、
ずぼらな私は、
「目止め処理」なんてほぼやっていません。(笑)

電子レンジも食洗機もふつうに使っています。

もちろん、
粉引の器などシミができているのもあります。
(怒られちゃいますね・・・)

シミができたら漂白剤に浸し、
とれなかったら「味」とする。(笑)

貫入は表情として変化を楽しむ。

ただ、少しだけ気を付けている事は、

『使う前に水にくぐらせる。』
『長時間食物を入れたままにしない。』

こんな感じで肩の力を抜いて器を楽しんいただけたらな〜と思います。

 






 

ご案内

    

蔵ショップ SNS

アトリエm SNS

店長

高橋雅美

「贈物をしたいのだけれど・・・」お客様から相談を受けて一緒に考える時間 相手を想う気持ち 素敵ですよね。贈物が決まってすっきりとした笑顔で帰られるお客様を見るのがとっても嬉しいのです。 岐阜県多治見市の実店舗にて取り扱っている商品をさらに厳選してオンラインストアにアップ。どんな商品も組合せてギフトラッピング致します。もちろんご自分用やお家使い用にもお選びください。商品選びにお困りでしたらいつでもご相談くださいね。

Blog